立夏

さぁ、今日は夏のはじまり、立夏です。

空はどんより曇り空ですが、これからまた緑がぐんぐん成長し始める時ですね。

アーユルヴェーダ的に言うと、火のエネルギー(ピッタ)が上昇しやすくなる時期です。

ここ数年、太陽のエネルギーは強さを増している気がしてます。

まるで地上のものを焼き尽くすかのように。

なので、日ごとに水分が減少して乾燥が増していきます。人間に限ったことではなく、生き物すべてに言えること。

草木もお水をあげないとカラカラに土が乾燥して、成長が途絶えてしまいますよね。


水分補給は基本中の基本ですが、どんどん夏に向けて進んでいく移行期の2週間。

ここの過ごし方がその後の生活を快適にするか、ズルズル何かを

引きずってしまうかの分かれ道になります。


連休も終わり、立夏を過ぎましたし、徐々にこれまでの食生活から、徐々に夏のものを取り入れて

塩味、辛味、酸味の摂取は控えめにしていきましょう。

「土地のもの・節もの」を適度食べることが、自分に栄養を与えます。

「徐々に」がポイントです。

急激な変化は体も心もびっくりしますので、徐々に食材を変えていきましょね。


そして、外遊びが最高に楽しくなる時期ですが、

過度な運動や直射日光を長時間浴びることは避けましょう。


私は、夏生まれで夏が大好きですが、やはり頭が暑すぎるとダウンします。

なので、冬でも、夏でも、一年中何か頭に被ってる。

おしゃれも好きですが、寒さや熱から自分を守るための工夫です。


ホットヨガでのクラスはこれからの時期、私にとっては苦行なのですが。。。


体内に熱をこもらせないように、身体を冷ますお茶を飲んだり、首元をアイシングしたりと工夫してます。

皆さんも、熱やエネルギーを溜め込まず、上手に外に流してくださいね♪


ちょっと急ですが、初夏から梅雨の過ごし方講座を設けますので、ご興味ある方はスケジュール開けておいてください^^

まずは、日時のみ記載しておきます。

5月18日 土曜日 14:00〜16:30(2時間半)





Jnana〜ニャーナ〜

自分をゆるめて ゆるして 大きな愛で包む時間 頑張る自分だけでなく 弱い自分も好きになるヨガ 自分のペースで 自分の呼吸にゆだねて 自由に感じる

0コメント

  • 1000 / 1000