新年あけましておめでとうございます


みなさま、お正月休みはエンジョイされてるでしょうか。


私は、仕事納め前にまさかの発熱でダウンしました。(クラスだけ起き上がって向かいましたが笑)

「鼻うがいしてるから風邪ひく気がしない!」と強気でいたのですが、

乾燥が強すぎたようです。。


やはりある程度の湿度は必要。

(一日中エアコンの環境には、適さない体です笑)


熱が下がった大晦日。

ちょっと動くだけでもしんどくて、大掃除も餅つきも、

遊びたくて様子を伺う甥っ子の相手もお休みしてゆっくりさせてもらいました。


まるで年越し感のない年明けでしたが、ちょうどいいデトックス期間。

まだ若干、鼻炎が治らないですが塩パワーでだいぶ良くなってます。


そうそう、今回も3、4日かかりましたが、風邪薬なしで回復してます。


ここ数年、安易に薬を飲まずに風邪は治すようにしてる私です。

発熱しても、1、2日水分補給して寝ていれば徐々に自分の体が治ろうとしてくれる。

今回は、合間にクラスがあったため長引いちゃいましたが、

初日の対処の仕方でその後の風邪の進行が全く変わることを改めて実感しました!


私が今回取り入れたもの。

①すりおろしウコンと塩を溶かした白湯で、喉うがい。

②鼻水が鼻腔に留まってしまうので、鼻うがいも。

③食事は控えめに、食べてもお粥や消化にいいもの。(食べたいと思うまで食べない)

④風邪の時のお気に入り、グリーンダカラで水分補給。

⑤ジンジャーシロップのお湯割と、砂糖漬け生姜で咳や痰に対処

後は、熱を下げたいときは脇にアイスノンとかいれたりして、体にこもる熱を取ってあげるようにしてます。なかなか効果ありです。


熱が下がった後、急性副鼻腔炎を起こしてしまって、頭痛、顔面痛、首まで痛い。

やりたいことがあるのに何も手につかない。

これには参った。しかも元日。。。

ちょっと考えて、大晦日に行けなかった日帰り温泉で塩サウナに入ってみた。


すると、面白いくらい鼻が通る♪

薬草湯も良かったけれど、塩の効果絶大でした。

ひたすら、出たり入ったりを繰り返し、結構な量の鼻水を無理なくスムーズに輩出できたところで帰宅。

午前中の痛みがびっくりするくらい軽くなっていました。

内側にたまってしまった水分を抜くには「塩」が効く。

なるほど〜、やはり人間も植物と同じだなとワクワクしました🌝


タイミングよくジンジャーシロップ作ったあとの風邪だったので、

その恩恵授かれました✨

そういえば、大晦日にお蕎麦の茹で汁で火傷したのですが、それもターメリックで対処。

というお話は、また次回にしましょうか。


こんな風に自然の力をいただきながら、自分の体を治していけるようになるのは

楽しいし、自ずと自然との距離も近づくもの。

元日の満月も綺麗でしたね。


今年も自然とのつながりを大切にして、「人間は自然の一部であること、自然となんら変わりないこと、自然体の自分が最高であること」をヨガやアーユルヴェーダを通してお伝えしていきたいと思います😊


皆様にとって、健康で楽しく面白い一年になりますように。

2018年もどうぞよろしくお願いします。


理恵






〜はじまりのヨガ〜

茨城県結城市の田舎に ヒーリングヨガルームが生まれました インドで学んだヨガとアーユルヴェーダ 旅を通して得てきたものをベースに 「自分に帰える」お手伝いをしています 国を超えても変わらない 人と自然が寄り添って生きることの大切さ 息を吐くことさえ忘れてしまいがちな時代です 時には 足を止めて ふぅ〜っと吐き出してみませんか?

0コメント

  • 1000 / 1000