朝の習慣③

アーユルヴェーダの目薬


朝と夜に点眼すると良いとされる目薬。

写真にあるのはアーユルヴェーダで大活躍する3つの果実(アムラ・ヒビタキ・ハリタキ)

を乾燥させて作られた粉・トリファラと、蜂蜜、カンファー(樟脳)ミントなどが

配合された目薬です。

すこし黄金がかった液体で、蜂蜜が入っているのでのどに落ちてくると

ちょっと甘みを感じます。

1、2滴垂らして、ゆっくり目を閉じて、眼球を上下左右にくるくるまわすと、

ジーンと奥にしみていきます。

目を酷使した日は、すごくしみます。

でも、爽快感がたまらない。


ほかにも、数種類あるのですが、私が使ったことがあるもので

茶色くドロっとした目薬(エラニール・クザンブ)があって、

それはそれは本当にしみます。


インドのカラリパヤットのグリカル(お師匠さん)宅は、

併設でアーユルヴェーダ薬局も運営されていて、そこで目薬ほしいと言ったら

出て来たのがこの染みる目薬。

グリカルの娘さんが「えー!それ使ったことあるの!?」と驚愕の顔。
「ないけどなんで?」と聞くと
「それは、、、やってみたらいいよ」
と笑ってました。


物は試しだ。
早速開封して、点眼してみる。

クーーーーーーーーーーーーー。。


しばらく目が開けられないほどの衝撃でした笑。

鏡を見ると茶色い涙が流れてます。


みんなで大笑い。


ゴミというゴミが洗い流された感じで、数分後にはまさに浄化。

スッキリさっぱり視界がクリアになりました☆



目を洗浄すると鼻もスッキリしてしまうから一石二鳥。


毎日続けると、きっといいことありそうです。


トリファラ水

目薬を買わなくても、トリファラ水を作って、そのお水で目を洗浄するだけでも

効果は十分あるんです。

トリファラは3つの果実と前述しました。

トリ(3つ)の果実がそれぞれ、ヴァータ・ピッタ・カファを鎮静させるので

トリ(3つ)のドーシャ(エネルギー)の鎮静につながります。

アムラはビタミンCがたっぷり。(レモンの10倍、アサイーの3倍以上と言われ、熱にも強い。)

免疫システムのサポートに、肝機能のサポート、抗酸化作用も。


この粉一つで、使い方は何通りも。

寝る前に飲むと、翌日ごくごく自然なお通じがあります。

虫下しに使われたり、目・肌のクレンジング。消化促進にも。


油っこい食事が苦手な私は、よくお世話になってます。

食後に飲めば、胃もたれもしなくて穏やかに過ごせます。


そろそろ在庫がなくなるので、私も購入しないと!






Jnana〜ニャーナ〜

自分をゆるめて ゆるして 大きな愛で包む時間 頑張る自分だけでなく 弱い自分も好きになるヨガ 自分のペースで 自分の呼吸にゆだねて 自由に感じる

0コメント

  • 1000 / 1000