原点に帰るヨガ


生まれた時、私たちは既に愛・知恵に満たされていました。

しかし、成長とともに点数による人間採点がはじまり、その「評価」はさまざまな

形で永遠と続いていきます。いつも何かと比べ、競い、

いつの間にか、自分らしさや、人生の意義を見失ってしまいがちな現代社会。

比べることで自分の存在を確認していくことは、不必要な恐れや不安を生み出します。

重く身に付いてしまった固定概念や相対的な捉え方を

ヨガを通して、手放していくことは本来的な状態の自分に回帰していくこと。

アーサナで「リラックス」が深まると、理性が消えて直感が動きはじめます。

そして、不要な概念を手放せてはじめて、自分の「神聖」さを感じることができる。

それが本来的な瞑想になります。

自分の存在そのものを「神聖なもの」として敬えるようになると

自然と気持ちよく生きてゆける。

西洋志向で生きてしまいがちな現代で、日本の伝統的精神哲学にも繋がる教えと

その実践としてのヨガがあることに感謝です。

Jnana〜ニャーナ〜

自分をゆるめて ゆるして 大きな愛で包む時間 頑張る自分だけでなく 弱い自分も好きになるヨガ 自分のペースで 自分の呼吸にゆだねて 自由に感じる

0コメント

  • 1000 / 1000