ヨガについて

そっと力をぬいて心を豊かにする時間

インドで出会ったシュリカリアシュラムに伝わる

「伝統的なヨガ」と「アーユルヴェーダの智慧」


私がお伝えする伝統的なヨガ(Traditinal Tantra Yoga)は、

リラックスすることで本来の自分と向き合い、自分を大切に扱うことを学んでいただけます。

次々と情報の波がやってくる現代の暮らしのなか

音もなく、誰かとポーズを比べることなく心地よくヨガをしていきます。


クラスでは「トリドーシャバランスシリーズ」を中心に行います。

このアーサナの流れは、アーユルヴェーダのヴァータ(vata)・ピッタ(pitta)・カファ(kapha)の

3つ(トリ)の「ドーシャ(特性、気)」を調和させ、気の流れを活性化させていきます。

トリドーシャは、日本に置き換えると【空・風・火・水・地】の五大元素がもとになっています。

さまざまなアーサナ(ポーズ)をやさしく丁寧に時間をかけて行いながら、

ポーズとポーズの間にはシャバーサナ、マクラーサナで深くゆっくりと呼吸を行います。

一連の流れはありますが、「すべてのポーズをしなければいけない」とか、

「みんなに合わせなければいけない」ということもありません。


深いくつろぎの中で、自分の神聖さを養う

定期的な練習は、心にゆとりを持つとても大切な時間です。

ヨガが初めての方、身体が固いから、筋肉痛になってやめてしまったなど、

ちょっとヨガは遠いものと感じられる方もまったく気にすることはありません。

講師である私は、あくまでリラックスのサポート役です。

ポーズの「間違い」や「完成度」といった表面的なことは気にせずに、

これ以上リラックスできないと言うくらいに,心・体を完全に解放してみてください。

老若男女、ヨガの経験は問いません。ヨガはだれでもできるものなのです。


伝統的なヨガあらそわないアーサナ

自分の深さを知る時間原点に帰る