BLOG


発熱して寝込こみ、病み上がりのお正月を過ごしたと思ったら

もう明日は2月です。


1月は、毎週日曜日に「アーユルヴェーダ 講座」を開催させていただき、

暮らしの中に取り入れやすいことをお伝えさせてもらえました。


「インドの伝統医学」となるとちょっと国が違いすぎて、「遠くのもの」と

いう印象を持たれそうですが、実は国を超えて人々の生活に欠かせない暮らしの知恵が

たくさん詰まっているんです。

ヨガにはインドの神様がたくさん登場してくるように、

アーユルヴェーダ にも神様がいらっしゃいます。


その昔、現代のように「不安を呼び起こす病」に苦しんだ民衆が聖者に助けを求めました。

聖者が神様に民を癒す手立てを求めた結果、神様は知恵(アーユルヴェーダ )をお授けになりました。


これがアーユルヴェーダ の起源とされています。


精神哲学が希薄になった今、「神様」とか「宗教」とかはちょっと胡散臭いと思われがちでしょうが、私たちが普段使っている漢字一文字を源から見てみると、やはり神様と人間と言うのは近い存在であったんだなと感じざるを得ません。


<神様が授けた知恵>

知恵とは「特別」なものを授けたのではないのです。

ここで言う知恵とは、私たちが生まれ持っているもの。

本来、病からも自分を守ることができるはずなのに、いつの間にかその知恵を忘れてしまった私たち。

ヨガ・アーユルヴェーダ はその本来の知恵をもう一度取り戻させてくれるものなんです。


生まれた時、愛に満ち溢れていた私たち。

ここ何百年かの社会というシステムの中で生きるうち、「人間」としての生き方・自分の感覚がなんだかちぐはぐになってしまったことに気づいてる方もいるけど、「生活」を送る中でその違和感も感じないようにやり過ごしたり。

それが進んでしまうのはとっても怖いことだと思います。


例えば

自分は何を食べたら元気になるんだったかな。

自分は何をしてる時が楽しいかな。

自分は今、何を望んでるかな。

たべたいor寝たいorどこかへ行きたい?


そんな「自分の感覚」をきちんとキャッチできるように、まずは自分の内側をクリアにしてから満たしていきましょー。


寒い朝は、熱めの白湯で1日をはじめることをオススメします。もちろん、口内をきれいにお掃除してからですよ。


2月25日は筑波大近くのTsukuba Place Labにて開催される「健康フェス」に講師として参加します!当日は守屋俊輔さん、川谷響さんと共に「本来の健康」について体を動かしながらスペシャルな時間をお届けします♪


今月もどうぞよろしくおねがします。


*************************************

<レギュラークラス>

<ジョイフィット犬塚> 

 金曜日 21:15〜22:15

 土曜日 第2・4 14:00ー15:00 /毎週 15:30ー16:30 


 <古河スポーツ交流センター> 

 金曜日 13:00ー14:00


 <古河・yokoヨガスタジオ> 

3日 土曜日 11:00ー12:15 / 6日 火曜日 19:30〜12:15 

 21日 水曜日 19:30〜20:45

 

 <寺ヨガ>

弘経寺:結城市結城1591(結城明照保育園) 

 8日 木曜日 /  17日 土曜日 /  20日 木曜日  

19:30〜20:30(初回1000円・1回2000円・5回チケット8500円・マットレンタル200円)  




昭和天皇崩御の今日は
祖父の命日でした。


朝の御墓参りをすませ、
施設にいる祖母を迎えに車を走らせる。

今日はとても穏やかで、祖父とこの道を何度も通ったなぁ〜とか、看取った瞬間のことを思い出したりしながらの一人ドライブ。

子どもの頃、祖父の後をくっついて色んなところに顔を出して、いろんな話を聞かせてもらったのに

いつの間にか、ハンドル持つのは自分になって、出来るだけいろんなところに出かけたけど、体が弱くなった祖父には祖母の施設までの往復がちょうどいい時間だったかもな。

昔は散々喧嘩してた祖父母。

自分たちが小さい頃と言ったら、50代後半。
顔が柔和になったなぁと思ったのは、やっと80過ぎてから。
肉体労働で鍛えられた腕っ節に眼光は鋭く、営業に来た人がビビってしまうほどだったおじい。

それに負けじと泣きじゃくりながらでも向かっていった気の強いおばあ。

毎回、「やれやれ」って感じだったのは言うまでもなく。。


そんなおじいが、晩年ポロッとこぼしたおばあへの想い。

「あんなばーさんでも、となりにいなきゃ寂しいもんだ」

へぇ〜、珍しいこと言うなっと、思ったけど
私の知らない二人のドラマもいっぱいあるだろうし、離れて過ごす時間が素直な気持ちを吐露させるのだろうと
こちらも微笑み返したのを思い出す。


「もう4年も居ないんだよね〜。」

とボソッと言うと、助手席にのったおばあが

「最近夢にも出てこないなー」
と。

「そうなんだ」と私。

嘘か真か、祖父が亡くなった頃
面会に行くと「じーちゃんが会いにきたんだ」とか
「冷たいのに床に寝ちゃうんだよ」とかよく口にしていた。
おばあは昔から小芝居が多いので(笑)、聞き流してたけど、
無くはないか。と言うのが今の心境。

夢で会えるなら、ちょっと羨ましいけどな。

やんちゃな3人のひ孫の成長を目の当たりにして、
今日はおばあも楽しいそうで、いつもの小言も不自由な身体を嘆くこともあまりなかった。

不便が多かった時代を生き抜いてきたおじいと
おばあ。
暮らしの中でその知恵を聞くたびに心がワクワクしていた。
便利になれてしまうと、なんだか自分の五感が鈍って行くのを感じてそっちの方が怖いんだよね。

だから、ちょっと不便な方を選んでしまう。
そっちの方が自分らしいから。

祖父との距離が近かった分、もう教えをこうことも、他愛もない会話ができないのも寂しいんだけれど、なんとなく近くにいて、見守ってくれてると思える日。

今夜はどっぷりヨガをしてから床に就こうと思います。

大晦日、お蕎麦を茹でている時でした。


グツグツに沸騰したお鍋の湯が、右手の甲に跳ねました。


「あち!!」


右手はすぐに冷水に浸して、左手はターメリックを探します。


しばらく冷水に浸した後、お湯が跳ねたところにターメリックをふりかけました。


ペーストにするのがいいのですが、横着者の私は、すでに濡れた手にターメリックの粉を

乗せて、ペースト状にしてしまいます。


スーッとチリチリした痛みが引いていくのがわかります。


ターメリックの黄色が服につかないように、軽くラップを乗せました。


このまましばらく放置。

あとはお風呂上がりにオイルをぬって

私の軽い火傷の処置はこれで終わりです。



同じように、ちょっとした切り傷にもターメリックペーストを塗っちゃいます。

流石に、傷口の大きさ、深さによっては沁みることをもあります。

消毒してるので、そこはグッと堪えて。


その他、喉がイガイガしてきたと、ターメリックと塩を溶かした白湯で

うがいをします。


(左上はすりおろしウコン、左下は粉のウコン、右はお塩)

風邪は引きはじめが肝心!

年末に発熱した時も、ターメリックと塩のうがいで喉の痛みは一気にひきました。

どちらも「調味料」にとどまらず、台所にある「自然のお薬」です。


西洋医学のお薬がダメなのではないですが、極力自然の力で治したいし、

それは自分の治癒力を上げることにも繋がります。


ターメリック(ウコン)は万能薬

【効果・効能】 

・抗酸化作用 ・抗炎症作用
・肝機能を高める・皮膚炎に効果的

・消化不良を改善する作用
・関節リウマチの改善
・美肌効果


自然のお薬は楽しいです♪




遅れましたが、今月のスケジュールです。


早速、明日からクラスはじまります。

今年も不要なものを落として、自分自身を解放してゆく場所として

シュリカリのヨガをお楽しみください♩

どうぞよろしくお願いします。


<ジョイフィット犬塚>

金曜日 21:15〜22:15

土曜日 第2・4 14:00ー15:00

    毎週 15:30ー16:30


<古河スポーツ交流センター>

金曜日 13:00ー14:00


<古河・yokoヨガスタジオ

古河市中田9日 火曜日 11:00〜12:15

18日 木曜日 19:30〜20:45

24日 水曜日 19:30〜20:45


<寺ヨガ>

弘経寺:結城市結城1591(結城明照保育園)

11日 木曜日 

20日 土曜日 

25日 木曜日 

19:30〜20:30(初回1000円・1回2000円・5回チケット8500円・マットレンタル200円)


<つくば・ヨーロピアンスクールつくば

つくば市花室989−4

14日 15:00〜17:00(2500円)


****************************

<アーユルヴェーダのセルフケア講座>

・小山 13日 土曜日 10:00ー12:00

・古河 21日 日曜日 13:30ー15:30

・つくば 28日 10:00ー12:00

詳細はこちら▶️http://www.amagai-rie.com/posts/3382613


✴️寺ヨガ、つくばクラス、アーユルヴェーダ講座に参加ご希望の方は、事前にご連絡をお願いします。

メール:urue38@gmail.com

LINE:@qqn2016s

TEL:050ー5316ー5727








みなさま、お正月休みはエンジョイされてるでしょうか。


私は、仕事納め前にまさかの発熱でダウンしました。(クラスだけ起き上がって向かいましたが笑)

「鼻うがいしてるから風邪ひく気がしない!」と強気でいたのですが、

乾燥が強すぎたようです。。


やはりある程度の湿度は必要。

(一日中エアコンの環境には、適さない体です笑)


熱が下がった大晦日。

ちょっと動くだけでもしんどくて、大掃除も餅つきも、

遊びたくて様子を伺う甥っ子の相手もお休みしてゆっくりさせてもらいました。


まるで年越し感のない年明けでしたが、ちょうどいいデトックス期間。

まだ若干、鼻炎が治らないですが塩パワーでだいぶ良くなってます。


そうそう、今回も3、4日かかりましたが、風邪薬なしで回復してます。


ここ数年、安易に薬を飲まずに風邪は治すようにしてる私です。

発熱しても、1、2日水分補給して寝ていれば徐々に自分の体が治ろうとしてくれる。

今回は、合間にクラスがあったため長引いちゃいましたが、

初日の対処の仕方でその後の風邪の進行が全く変わることを改めて実感しました!


私が今回取り入れたもの。

①すりおろしウコンと塩を溶かした白湯で、喉うがい。

②鼻水が鼻腔に留まってしまうので、鼻うがいも。

③食事は控えめに、食べてもお粥や消化にいいもの。(食べたいと思うまで食べない)

④風邪の時のお気に入り、グリーンダカラで水分補給。

⑤ジンジャーシロップのお湯割と、砂糖漬け生姜で咳や痰に対処

後は、熱を下げたいときは脇にアイスノンとかいれたりして、体にこもる熱を取ってあげるようにしてます。なかなか効果ありです。


熱が下がった後、急性副鼻腔炎を起こしてしまって、頭痛、顔面痛、首まで痛い。

やりたいことがあるのに何も手につかない。

これには参った。しかも元日。。。

ちょっと考えて、大晦日に行けなかった日帰り温泉で塩サウナに入ってみた。


すると、面白いくらい鼻が通る♪

薬草湯も良かったけれど、塩の効果絶大でした。

ひたすら、出たり入ったりを繰り返し、結構な量の鼻水を無理なくスムーズに輩出できたところで帰宅。

午前中の痛みがびっくりするくらい軽くなっていました。

内側にたまってしまった水分を抜くには「塩」が効く。

なるほど〜、やはり人間も植物と同じだなとワクワクしました🌝


タイミングよくジンジャーシロップ作ったあとの風邪だったので、

その恩恵授かれました✨

そういえば、大晦日にお蕎麦の茹で汁で火傷したのですが、それもターメリックで対処。

というお話は、また次回にしましょうか。


こんな風に自然の力をいただきながら、自分の体を治していけるようになるのは

楽しいし、自ずと自然との距離も近づくもの。

元日の満月も綺麗でしたね。


今年も自然とのつながりを大切にして、「人間は自然の一部であること、自然となんら変わりないこと、自然体の自分が最高であること」をヨガやアーユルヴェーダを通してお伝えしていきたいと思います😊


皆様にとって、健康で楽しく面白い一年になりますように。

2018年もどうぞよろしくお願いします。


理恵






昨日は弘経寺での寺ヨガ納めでした。

ご参加いただいた皆様、ありがとうございます✨

(写真なしでが。。。)


久々にお会いできた方も

ヨガ初心者の男性も遠方から駆けつけていただき、

ヨガを楽しんでいただき嬉しかったです。


初めての方には

「禅定をしているような不思議な感覚になるヨガだね。

なんというか、高いところから降りてくるような、、、久々に面白い体験できました!」


と、感想いただきました。


嬉しいですね〜😊


シュリカリのヨガを受けてくださった方々が、

それまでの自己の体験を通してその人なりの表現してくれるのが新鮮で、楽しくて、

そこからまた学びがあったり貴重な時間なんです🌝


私自身、座禅をしたことはほぼないのですが、「禅定」の意味を調べると、

・心を静めて一つの対象に集中する瞑想。また、その心の状態。  

・霊山に登って修験道(しゅげんどう)の行者がする修行。転じて、霊山の頂上。

と書いてあります。


瞑想の方法という説もあれば、

「身体を安静に保ち,心静かに人間本来の姿を瞑想すること」ともありました。


「瞑想」はサンスクリット語でDhyana(ディヤーナ)。


ヨガアーサナ中に「瞑想しましょう」とか「ヨガは瞑想の科学です」ということがあります。


それは、「アーサナ」という表面的な形や個体に意識を向けて集中するのではなく、

もっと大きな観点から自己を見つめていくことをさします。


「目を閉じても、あれこれ思考が止まらない」「ヨガに集中できない」


決してそれが悪いのではない。


思考が止まない今の自分でも「バツをつけない」

嫌な感情が湧き出てきた今の自分でも「オッケー」

アーサナの順番間違った自分も「ありあり」

途中で寝てしまったみたいな自分も「あ、気持ちよかったんだ」と受け入れる。


そんな風にして不要な力み、思考や感情といったもの、自分を制限するものを落としていく。

そして、生まれたところに帰って、ただ「一つの尊い命」である自分を愛して、

生きていく。それが瞑想である。「梵我一如」というのが伝統的タントラの教えです。


日々を穏やかに暮らすための「落とす場所」がシュリカリのヨガアーサナ。


まだまだ落とすものがたくさんあるなーと、実感するときでもありますね〜。

そういうものひっくるめて生きていく。それがヨガなのかなと思います。


では。

こちらへのご連絡が遅くなりましたが!

来週26日火曜日 19:30−20:45

今年の寺ヨガ納めしたいと思います。

ヨガの後は、喫茶店イチハチサンにてカレーも食べていただけます。


イチハチサンは通常21:00までの営業ですが、 特別に23時くらいまで開けていただきます😁 美味しいお酒&デザートもありまーす。

 「南インド料理食べたーい!」 

「イチハチサン気になってるんだよねー」という方は、 ぜひこの機会にお越しください👍

 まずは《カレープレートは限定10食》となります。 (ご希望の方が多い時は、追加も検討します) 準備もあるので、「カレーだけ」という方もご連絡いただけると助かります☆


 <参加費について>

 ①ヨガ+カレーセット・・・2600円。 

②ヨガのみ・・・2000円

 ③カレープレートのみ・・・1100円(ドリンク別) 


 <ヨガする場所> 弘経寺(結城明照保育園があるお寺です)

 住所:結城市結城1591 時間:19:30−20:45

 持ち物:寒くない動きやす服装でお越しください。

(レッグウォーマー・ソックス・大判のストールなどあるといいです)

 ヨガマットがない方は、大きめなバスタオルでも構いません。

 ヨガだけ参加も可能です。

ご希望の方は、 LINE: @qqn2016s Mail; urue38@gmail.com まで、ご連絡ください😃

冬の寒い時期こそ、オイルケアをしていただきたい。

との思いで、年明け早々に小山・子が・つくばの3カ所で講座を開催します。


 クラスの中でも、「オイルマッサージいいよ」とか「鼻うがいいいよ」など口走っておりますが、

オイルマッサージの何がいいの? ってところですよね。

 アーユルヴェーダやヨガは、外から色々と取り入れる前に まずは自分の内側をクリアにすることの大切さをたくさん教えてくれます。 


「額にオイルを垂らす」だけがアーユルヴェーダではないし、エステでもない。

 ご存知方もいらっしゃると思いますが、額にオイルを垂らすのも一つの浄化法なんです。

 セラピストによるオイルマッサージもとても気持ちいいのですが、 自宅で自分で対処できたらもっといいですよね?! 

今回は暮らしの中に、簡単に取り入れられるものをいくつか ご紹介して、

その場で一緒に実践していただこうと思います♪

 セルフマッサージで自分の体に手を当てることは、自分とのコミュニケーションに、

家族や友達・大切な人たちに手を当てることで「言葉」ではないコミュニケーションもとれるものです。 

 アーユルヴェーダで快適に寒い時期を乗り越えて、次の1年も健やかに過ごせるますように😊

アーユルヴェーダっていったいなに!? という方や、

乾燥の時期になぜオイルがいいのか知りたいという方のご参加お待ちしております。


 <お話の内容> 

・アーユルヴェーダの朝の習慣 

・オイルが体に必要な理由

 ・ごま油の使い方

 <実践> 

・ごま油の温め方 

・ごま油で口腔ケア 

・時間がない時の簡単オイルマッサージ 


会場①<小山>はぴしぇあ サンワ設計ショールーム(小山市東城南4-6-1)

日時:2018年 1月 13日 土曜日 10:00−12:00(9:30よりドアオープン)


会場②<古河>yokoヨガスタジオ(古河市中田:酒井歯科医院とナビに入力ください)

日時:2018年 1月 21日 日曜日 13:30−15:30


会場③<つくば>ヨーロピアンスクールつくば(つくば市花室989−4)

日時:2018年 1月 28日 日曜日 10:00ー12:00


参加費:3500円 (材料費・持ち帰りオイル込み)

お持ち物:筆記用具、汚れても良いタオルと靴下(マッサージの時に使います)。

     服装は指定はありませんが、汚れが気になる方はエプロンやお着替えをお持ちください。

※小山・つくばの会場では、お子様連れの参加も可能ですが、事故や怪我には責任を負いかねますのでご了承ください。

材料の準備上、事前申込をお願いしています。

 <お申し込み・お問い合わせ先> 

urue38@gmail.com /050-5316-5727 


ヨガのスタイルは豊富で、私自身、何がどういうヨガでなんて把握できてません。


シュリカリのヨガは、クラスの中で「〜へ流れましょう」と声をかけているように、

顔から、手の指先、足の先までリラックスしながら流れるようにアーサナをしていきます。


世に求めらるものは、忙しい生活の中で手軽に、パパッとできるもの。

それも重々承知です。

手軽なヨガがダメなわけではない。

自分だって、全部の流れをやれる時間が取れなくて「もぉーーー、もっとたっぷりヨガしたい!」

と思う時もあります。

そんな時は、少しカウントを短めにして行うこともあります。

全くやらないよりは、30分くらいでもいいし、1、2分目を閉じてゆっくり呼吸するだけでも違います。


その中で、一つのアーサナ(ポーズ)をゆっくりと時間をかけて保つことは、表面上ではない、もっと深いところへ繋がっていくような感覚があります。

肉体的な感覚を超えて、つながる先は自分だけの「静寂」だと思います。


その静寂というのは、自然と一体化していくような気持ちよさです。

何も垣根がないような。すーっと溶け込んでいく感じがします。


その時その人によって、見える景色は違うと思いますがその静謐な聖域とも言える空間には、怒りや苦しさや、トラウマなども存在しない。

心が穏やかで、ただただ息をしていることへの喜びが込み上げてくると思います。


「外側へのアピール」強めな社会の流れである以上、それは必要なことではある。

ただ、シュリカリのヨガはどんな時代でもまずは内側を養っていくことの大切さ、

それを教えてくれるツールです。


目を閉じて、どんな景色が浮かぶでしょう?

今の私はこんな景色。ニセコのアンヌプリから見た蝦夷富士・羊蹄山です。

ふっと肩の力を抜いて、ふかふかの雪の上を降りていく。

自然と一体化するって心の底から喜びが湧いてきます♪

今日は古河のyokoヨガスタジオの大掃除でした。

普段お会いする時間のない先生方と、会話しながらのお掃除は楽しくピカピカになったスタジオを見渡して感謝が増します。

明日5日と7日が年内のクラスなので、気持ちよくアーサナのお手伝いをさせていただきたいと思います。


気持ち良いといえば、ランチの後にこんな展開。


同スタジオにて、ヨギックアーツという武術とヨガを融合させたクラスをされている榎本康宏先生にアクロヨガのセラピーを体験させてもらえました✌🏻

インドのアシュラで出会ったカナダ人夫婦が好んでこれをやっていて、すごいな〜って思ってたんですが、やってみたら「あれ?」って感じで何気にポンと乗れました。


ま、やす先生に全てを任せて、私はただただ脱力しただけなんですが(笑)

それにしても、この「力を抜く」ってことがヨガで養われていることの証明というか(証明するもんでもないと思っているけど)、気持ちいいほど伸びました。

もちろん、ヤス先生の技術あってのことですよ!

その上で、その場にいた先生方からも「柔軟性すごいよ!」と仰って頂けて、こそばゆいけど嬉しかったです。

シュリカリのヨガは、目に見えない部分を大切にしているので、中には物足りないと感じる方もいると思います。

動きたい衝動も大切なことだと思うので、否定はしないし、どんなヨガであれ体を使うこと、呼吸を楽しむことが感じられたらいいかなと。

ただ、シャバーサナでゆっくり大の字になることの大切さ、ほんの数秒でも目を閉じて完全に無意識に委ねていくことの心地良さなど、その先に見えるものに出会うまでちょっ続けてもらえたらいいなぁなんて思います。

いちばんは、忙しない暮らしの中「ちょっと止まってみませんか?」っと言うことを伝えたいのだけど。

柔軟性はあくまで副産物。

「細胞ひとつひとつからリラックス」

なんも考えず、ただただ空っぽになってアーサナしてるだけで、きっと内側も外側も変化するはず。

それを伝えるのも自分の使命なのかもしれない。けれど、あれこれ自分が力み過ぎても
それは違うかなとなんて生意気にも思うのです。

Be floppy & relax

いつもクラスに参加いただきありがとうございます。


このヨガにもっと浸ってみたい方もいらっしゃるかと思い、私の先生のスケジュールをご案内させていただきます。


今年から、インドのシュリカリアシュラムはヨガの聖地と言われているリシケシュに移動しました。

私は、まだ北部はデリーとムンバイしか降り立ったことがないので、リシケシュはどんなところかイメージが湧きませんが、先生曰く日本の温泉地のような雰囲気らしいです。


「インドってこわいくない?」「汚いイメージ」「事件が多いのに、、、、」との声は聞くのですが、それはネガティブな情報だけがフォーカスされているだけかなと思うし、どうしても

そっちの方が印象に残ってしまんでしょうね。


けれど、日本も「なぜ?!」って思うこと、胸が痛む事件が多いです。


やってみるまでは、「難しい、無理」とおもう事も、実際やってみたら「あれ?簡単じゃん」

ってことが多いように、インドってそれほど遠くもなく、怖くもなく、むしろなんでもない自分を

ありのまま受け入れてくれるような所もあります。


これまでの自分の常識をぶっ壊してくれる、ど偉い国。


忙しい日本の生活で、ふと忘れてしまいがちな足元にある幸せをちゃんと気づかせてくれる。


インドが好きになる人と、二度と行くか!っという人と二分されるとよく聞くけれどね、

私はやっぱり好きですね✨


わたし自身、インドにヨガをしに行くなんて考えた事もなかったので、

未来はどう流れて行くのかわかりませんね。


っと、私と繋がった皆様、これを機に「えい!」っと海渡ってみるのもいいと思いますよ〜♪


2017年11月〜2018年6月 ヨガ指導者養成コース&GWヨガリトリートの詳細⬇️

お気軽にお問い合わせください。

2017年11月〜2018年6月 ヨガ指導者養成コース&GWヨガリトリート@インドのリシケシュ • Shri Kali Japan - リシケシュでヨガを学ぼう

こんにちは。今シーズンのインドでの養成コース&リトリートについてお知らせします。英語でのコースは、この11月から来年6月までです。日本語つきコースは、2018年4月&5月に開催いたします。ヨガアライアンスRYT200、300、500の取得コースです。 シュリカリでは、昔からずっと大切に引き継がれてきた「ヨガ」をしっかりと学んでいただけます。リラックスした環境で、自分を解き放って気持ちよく過ごせるアシュラムです。インドでヨガをやってみたい方、ヨガ初心者の方、哲学をしっかり学びたい方、ヨガを極めたい方など、みなさんどうぞお越し下さい。 日本語つきコースでは、アシュラムの英語プログラムに参加しながら、日本語でレクチャーやお話会、指導練習などが行われます。 ◇日程/指導者養成 2017年11月1日〜2018年6月28日(英語) 2018年4月&5月(日本語つき) – コースは、毎月1日開始、28日終了です。 – 暦の関係で、2月コースの開始日と終了日はイレギュラーです。 – コーススタートの前日にアシュラムに到着、終了の翌日に出発。 – 初日からの参加をおすすめしますが、コースの途中からの参加も可能です。 – 日本語つきクラスを希望の方は、2018年4月や5月にお越し下さい。 ◇日程/リトリート 指導者養成期間の毎月最初の1〜2週間 2018年4月&5月(日本語つき) – ゴールデンウィークに合わせてお越し頂けます。 – リトリート参加日の前日にご到着下さい。 – 最低7日間滞在をお願いします。無理な場合はご相談下さい。 – 2週間以上の参加も可能です。 – 日本語つきクラスを希望の方は、2018年4月や5月にお越し下さい。 ◇場所 シュリカリアシュラム インドのリシケシュ Guru Ganga Guest House, Laxman Jhula, Krimula, Uttarakhand 249201 ◇参加料金 USD 363(リトリート/7日間) USD 1,450(RYT200/1ヶ月) USD 2,186(RYT300/1.5ヶ月) USD 3,625(RYT500/2.5ヶ月) – この料金には、受講料金、宿泊費、食費が含まれています。 – RYT300は、別のスクールまたはシュリカリで既にRYT200を取得された方対象です。 – …

Shri Kali Japan - リシケシュでヨガを学ぼう

早いもので、もう師走。


今年を振り返りつつ、次の年へと、、なんて頭の中で考え事が増えてくる時期ではないでしょうか?


季節はしっかりヴァータです。

外側の冷えや乾燥は内側の心や臓器にも作用しちゃうから面白い。

昔、おしゃれが大好きな子に「おしゃれは我慢がつきもの」と

力説されたことがありましたけど、今はヒートテックなるあったかいアイテムが多くて

助かります。


でも、肝心なのは「筋力」もつけること。

熱を作ってくれる筋肉をある程度作ることは、外側から温めるよりもっと大事。


けれど、激しく動けば筋肉が作られる訳でもなく、地味に効く動きがコアな筋肉作ってくれるのです。


食生活に関しては、ヴァータが乱れやすいので、朝起きたらぬるいより少し熱めな白湯をすすって飲んでみたり(もちろん舌や口内のお掃除してから)、オイルや食物繊維も上手に取り入れるといいです。


最近の私は、自家栽培でとれたウコンの摩り下ろしを白湯に少量入れて飲んでます。

強烈な苦さなんですが、ちょっと癖になる。

喉がちょっとイガイガした朝、恒例の鼻うがいの後にウコンと塩を溶かした白湯で喉をうがいしたらピタリと治りました。

実家の畑で採れたものは、自分にぴったりの良薬となるんですね。


アーユルヴェーダでも「地のもの、節のもの」が良いとされるので、旬のお野菜を蒸したり、お味噌汁にたっぷり入れたり。

オイルマッサージも入れると尚よし。

毎日の習慣にできたらいいけど、

かっちり全部やろうとして苦しくなってしまっては本末転倒。


日々の暮らしが「ちょっと楽しい♫」くらいに、適度に取り入れてみて欲しいです。


ではでは、スケジュールに流れます。


・ 古河スポーツ交流センター 毎週金曜日 13:00〜14:00 

・古河ヨーコヨガスタジオ 2日(土)11:00〜12:30、5日(火)、7日(木)19:30〜20:45 

 

・ジョイフィット犬塚  金曜日  21:30〜 22:30

            土曜日 14:00〜15:00(第2、4)  /15:30〜16:30 

・結城市弘経寺 寺ヨガ 4日(月)19:30〜20:30 15日(金) 19:00〜20:00(2000円) 

・つくば市 ヨーロピアンスクールつくば 10日(日)15:00〜17:00 


お寺ヨガ、つくば市のヨガに参加希望の方はご連絡ください。

mail: urue38@gmail.com     /   LINE ID :qqn2016s