アーユルヴェーダ

アーユルヴェーダとは、5000年も前からインドに伝わる伝統医学であり、

今でもインド・スリランカにはしっかり生きている生活の知恵です。

<アーユルヴェーダ Ayurveda>

Ayus(生命=肉体+感覚器官+心+魂) + Veda(科学、知識)

サンスクリット語で「生命の智慧」「生命の科学」「生命に関する知識」という意味。


生命の科学であり生活の知恵

伝統医学と聞くと、なんだか難しく感じるかもしれませんがアーユルヴェーダが生活に根付いているインドで過ごして感じたのは、アーユルヴェーダは「科学・学問」でもありながら、その教えは「おばあちゃんの知恵袋」的なものということ。人間は自然と密接に繋がっている生き物であって、物質ではないことを教えてくれます。

インドで生まれた古典ですが、仏教と同じくアジア各地に広がって行きました。


自然と密接に関係してる私たち

アーユルヴェーダはこの世はすべて空・風・火・水・地の5つの元素から成り立っていると言っています。

空と風の要素をもつ「ヴァータ」、火の要素をもつ「ピッタ」、水と地の要素をもつ「カファ」の3つの「ドーシャ」から影響を受けているのが「トリ・ドーシャ」と言われる要素。

はじまりのヨガではこのトリドーシャを整えていくためのトリドーシャバランスシリーズ(Tri dosha Balance series)をメインに行います。

ドーシャ(気)が整うことにより、内側が整います。

いつも外側に外側に向いてしまいがちな生活ですが、あれこれ取り入れるよりも、

まずは必要以上に取ってしまったものを落として、本来の自己を満たす。

内側が満ちれば、自然と外側も満たされているもの。


みんなバラバラ。それでいい。

トリドーシャは、みんなが持っていて、でも、それぞれ生まれ持った割合があります。

アーユルヴェーダの人生のはじまりは、お母さんから生まれた時ではなく、精子と卵子が合わさった時からと言われます。なので、プラクリティという生まれ持ったドーシャの割合は、受精したときの両親のドーシャのバランスはもちろん、胎内の環境、生まれた季節も関係するとも言われています。

だから、みんな違って当たり前。同じじゃなくていいんです。


生まれ持ったバランスの値は変わらないのですが、日々育ちながら食生活や、

環境によってどんどん変化していくヴィクリティというものがあります。

このヴィクリティの状態を知ることは、自分自身の今の状態を知ることと繋がります。

よく聞く、ドーシャチェックというものが、ヴィクリティを知るヒントになります。


今朝のおしっこの色は。便はどんな状態だった。舌の色は。

最近眠れているか。肌は乾燥しているか。苦手な季節は、気候はなんだろう。

一つ一つチェックしていくと、今抱えている不調や、病気のサインまで分かったります。

普段、上のようなおしっこ色をチェックすること自体、最近の便利なトイレでは難しいのではないでしょうか。

見落としがちな自分自身を見つめるきっかけづくりとして、このドーシャチェックはなかなか良いものです。


食事・生活・環境へのヒント

ドーシャチェックの結果を踏まえて、食生活を見直すことにもなるし、見直すにあたり、甘いもの、酸っぱいもの、

塩気のあるもの、辛いもの、苦いもの、渋いもの、6つの味どれを取って、どれを控えると良いということも、

アーユルヴェーダは教えてくれます。

まさに、おばあちゃんの知恵袋のような存在。


私たちは食べ物からできている

食事のとり方、食べ合わせまで教えてくれるアーユルヴェーダ。

「インド・スリランカのスパイスたっぷりなご飯=アーユルヴェーダ」ではありません。

アーユルヴェーダの古典では、発酵したものは避けるというけれど、私たち日本人は昔から味噌、納豆、

ぬか漬けなど発酵食品は馴染みあるもの。ちゃんと消化できるように体になってます。

生活している土地で採れた、節のものが体に良いとされます。

今は年中通して、食材が手に入りますが、やはり地のもの、節ものがいちばん美味しく感じます。

日本には日本のアーユルヴェーダの形があります。


治療としてのオイルマッサージ

インド・スリランカではアーユルヴェーダ病院があり、オイルマッサージは治療になります。

額にオイルを垂らす私が学んだ病院のオイルも、カラリパヤットの治療院も先祖代々受け継がれてきた独自のレシピにより、

薬草の葉・植物の根・鉱物・ココナッツ油・椰子砂糖・ごま油と自然のものをたくさん使っ手、時間をかけて

オイルを作ります。

アーユルヴェーダ病院では、ひとつの治療を7日間行い、私は不調を治すため約40日間ほどかけて、

色んな手法のオイルマッサージを受けました。

カラリパヤットのマッサージは、基本14日間連続でオイルマッサージをうけます。

そして、アーユルヴェーダもカラリパヤットの治療も、オイルマッサージを受けた期間と同じ時間、

養生期間をもうけます。治療を受けたからオッケーなんてものではなく、受けた後が肝心なんです。

内側から力を養うには、それだけ時間がかかるということでもあります。


性別・地域・宗教・国が違っても

一人一人が健やか日々を暮らしていくためには、「心と身体と魂」のバランスをとることが大切だよと

教えてくれる生き方の指針です。

まずは自分のからだってどんな風にできてるのか、どんな特質があるのかを知ることが大切なんだと感じさせてくれます。

それは、国、宗教、性別、年齢を問わずに誰にでも役立つ基本的な生活の知恵。

部分的に自己を見るのではなく、全体的に自己を観察し理解するアーユルヴェーダは、

ヨガする上でも大切な基盤となります。


ヨガの前に、ドーシャチェックは行いませんが、日々の暮らしの中で取りすぎてしまう刺激・情報などを落として、

すっと元の場所に自己を戻す作業がヨガのアーサナと感じています。


学んだ場所

南インド・ケララ州の田舎町、カヌール。

先祖代々アーユルヴェーダ医師である院長の

病院で治療を受けつつ学びました。

PVA Ayurvedic Hospital


もうひとつの大切な場所

伝統武術カラリパヤットゥの道場と治療院

MGS Kalari Sangam

PVAで学ぶきっかけとなった田村ゆみさんサイト

アラウンドインディア AROUND INDIA