インド・シュリカリアシュラムにてヨガの本質を学びお伝えしています。

目を閉じて、力を抜いて、ゆったりと流れるこのヨガは瞑想そのもの。

それは自然の恵み・生命の息吹への感謝、そして自分の深さを知る神聖な時間。

ヨガをツールとして、ピュアで美しい本当の自分と出会えますように。


to be grateful for all of encounters and experiences.
Respect the nature.



プロフィール

雨甲斐 理恵 (Rie Amagai)

2014年 感覚的に選んできた食生活、生活スタイルがアーユルヴェーダに沿っていることに関心をもち、「本来のアーユルヴェーダってなんだろう」ともやもやしていたとき、当時カラリパヤットのマッサージを行っていた田村ゆみさんに出会い、そこから南インド・カヌールへ旅立ちました。

約40日間の伝統的なパンチャカルマ治療を受けて、まさに体当たりで「インド」「アーユルヴェーダ」というものを学びました。

その時の一つの出会いが、シュリカリアシュラムに、私を繋げてくれました。

2015年 「本質的なヨガを知りたい」と、インド・ゴアにあるシュリカリアシュラムに向かい、「タントラ」という古代からインドに伝わる哲学に基づいた伝統的なヨガを普遍的な観点から学び、現在もシュリカリジャパンの中口朋子さんからその教えを学び続けています。


学びの場

南インド・ゴアの田舎町、海沿いにアシュラムはありました。(今は少し移動してます)世界中からヨガの真髄を学びに人が集まり、「人間とはなにか」「自由とはなにか」「自分とはなにか」を性別、国籍、宗教、言葉の垣根をこえて学んでいます。グルの言う通りに何かを「こなす」のではなく、みんなが自分のペースで学びます。

http://www.shrikaliashram.org

和歌山でシュリカリのヨガを広めた朋子先生は、毎年高野山でヨガ合宿を開催されてます。ここも関西・関東色んなところから人があつまり、「日本人としてヨガを学ぶ」ということをしていきます。

ヨガはエクササイズではないことを知れる貴重な体験の場です。

http://www.shrikali.jp/retreat/

そして、夏は五感で自然を感じながら浜辺でヨガをされてます。自然の中で、自然体でヨガに親しむことで、五感にとどまらず六感も動き始めるのでは。ヨガをすることが特別なことではなく、暮らしとともにヨガがあります。


主な活動場所

ジョイフィット犬塚(小山市)

古河スポーツ交流センター(古河市)

yokoヨガスタジオ(古河市)

不定期開催

Tsukuba Place Lab(つくば市)

結城弘経寺(寺ヨガ)

スタジオ以外での活動

・伊豆外浦海岸でのヨガリトリート

・ありはらみつこさんとの南インド料理教室

・埼玉、都内での出張ヨガ、公園ヨガ開催

・栃木ヨガフェスタにて、アーユルヴェーダ講座